家族葬儀のキタムラ

家族葬に興味がある方のために体験談と基礎知識をご紹介

家族葬でゆったり故人を送ることをおすすめします

新しい葬儀形態が家族葬儀

従来から宗教的な関係もあり、わが国では幾つかの形態の葬儀が執り行われてきました。
故人が亡くなった後、通夜を行い、その後に告別式を行い一般の会葬者と故人との別れの時間を持つという形が一般的な形のものと言えます。
そんな中、最近の葬儀の形態として家族葬を選ぶ方が増えています。

家族葬儀では告別式も通夜も行います

この家族葬とは密葬とも呼ばれ基本的には近親者だけで執り行なう葬儀の事ですが、現在では家族や親族だけではなく、日頃故人と親しかった知人も参加する形で行われる事が多いと言えます。
火葬式と呼ばれ通夜や告別式を行わず火葬だけを行う形式とは異なり、家族葬では限られた範囲の参会者だけではありますが、一応通夜、告別式を執り行なわるものです。

核家族化と費用の面から家族葬を選ばれる方が増えています。

最近、家族葬が選ばれる理由としては、まず会葬者が親しい人に限られている事から、余計な配慮や気遣いが不要で、しかも少人数なのでじっくりと故人との別れを惜しむ事が出来る点にあります。
故人の死去に伴い家族の精神的にも体力的にも負担が大きく、消耗の激しい時に、余計なエネルギーを割かずに済む事は家族にとっても大変有難い事です。
更に小規模の葬儀であることから、当然費用も少なくて済む利点があります。又故人が高齢だった場合は、知人も余りいなくて事実上参列する人も少なくなることから、身内だけの葬儀にならざるを得ない事情もあります。

親族間の意見調整をしていないとクレームが来ることも

一方家族葬のデメリットとしては、世間体等を気にする親戚などからクレームがつくことがあります。
更に、範囲を限って行ったために、その後になってから五月雨的に弔問に訪れる人に対して応対しなければならず、却って長期間に渡って手間が掛かってしまうという事もあります。
しかし、最近の核家族化の傾向から親戚との関係が強い社会環境にあるケースは少なく、後からの対応の煩わしさも、故人の逝去後の混乱状態に比べればその絵精神的肉体的負担は大きくないものと言えます。

家族葬儀のキタムラコンテンツ一覧

Pick up